介護サービスの施設では、アニマルセラピーのようなシステムで心の健康を取り戻すお年寄りもいるようです。

健康なうちから介護サービスを理解しておこう

健康なうちから介護サービスを理解しておこう

気持ちの不健康から脱出するアニマル介護サービス

介護というと老人ホームなどの介護施設が思い浮かびます。自分一人で暮らしていくのが困難になったお年寄りが集ってるというイメージです。ここでは入浴や食事などの介護サービスを受けることができるようです。そこでは共通の趣味を持っている人に出会うことができれば、そこでまた再び生き甲斐を見つけられる人もいるでしょうし、残念ながら自分の殻に閉じこもってしまう人もいるでしょう。生き甲斐を見つけられた人は良いですが、毎日何の楽しみもなく暮らしているというのは人として最も辛いことです。こういった人の心の健康を取り戻すのに貢献しているものがあります。それは動物の存在です。

以前テレビで観た介護サービス施設の特集では、そこに住む起きる気力すら失った女性のお年寄りが映し出されていました。どうやら喉のがんに罹った経験があるらしく、ほとんど声も出せず楽しみもないといった悲痛な状況でした。そこに現れたのが一匹の犬でした。いわゆるアニマルセラピーというものでしょうか。別にその犬が女性に何をするわけでもないのですが、ただ側に居るだけで心が癒されるということでした。犬はただ純粋にそこに座っているだけでした。それにもかかわらず、今まで自分から起き上がろうともしなかった女性が少しずつ起き上がるようになり、最後には食事も自分から口にするようになっていました。もちろんこれが完全な女性の幸せではないことはわかっています。それでもその犬の存在が女性の一日の生活に少し光を差し込ませたことは事実だと思います。

おすすめサイト